生きることをスタイリングするアーバンスタイル研究所

伝統のガーデンファニチャー 床几+

京都の街角でよく見かける赤い毛氈を敷いた床几のデザインを、海外へプレゼンテーションしました。 メンバーのKOMA 松岡さんのラブチェアのルーツとなる作品は、第一便となる商品群の目玉商品となりそうです。

Read More+ 1739日 ago

日本食とシーフードを堪能+

イスタンブールで日本の文化を愛する多くの人と出会えたということがプロジェクトスタートの感想です。 ウェルカムパーティーでの日本の食材は松坂屋より空輸され現地の調理人もなかなかの腕前でした。 トルコは食 ...

Read More+ 1778日 ago

イスタンブール最大のフラワーショーに参加+

フラワーショーの見学気分で訪れるなか、展示ブースのデザイン担当となった矢野TEA持参の研究所メンバーの作品も展示で参加しました。 極和のタ・タムとモメンタムファクトリーOriiの高岡銅器、東北炎の作家 ...

Read More+ 1778日 ago

アッパークラスの庭を見学+

錦鯉の池とローズガーデン、ゲストハウスで構成されたシティーガーデンです。 イスタンブールの作庭スタフのグレードを上げ、さらに研究所メンバーを加えて新しい生活スタイルを提案して行きます。

Read More+ 1778日 ago

イスタンブールプロジェクト+

ヨーロッパの拠点としてのイスタンブールプロジェクトが動き出しました。 東洋と西洋が交差する地の文化と人材が研究所の宝となり、新たな活動を進めて行きます。 飛行場に隣接した拠点となるガーデンセンターは現 ...

Read More+ 1778日 ago

巳年の旅 2013+

出会いとご縁に感謝しつつ、2年目のアーバンスタイル研究所の旅がスタートします。 東洋と西洋の交差点、イスタンブールからロンドン、パリ、ミラノへ日本の伝統文化を提案するプロジェクトが動き出しました。 ア ...

Read More+ 1781日 ago

Urban Style Garden+

日の出から日の入りまで、時間の経過によって光と影が移ろう庭。 光と風をデザインするクールジャパニーズガーデン 都市のビルの谷間や狭地やベランダ、屋上緑化など植物の育成が厳しい環境下で 快適な都市型ガー ...

Read More+ 1839日 ago

TAZOO+

日本の美意識と神を内包したジュエリーの世界 王侯貴族のモード世界を彩ってきた西洋のジュエリーと飛鳥時代より その歴史を遡る祭祀道具としての日本の装身具。 異なる文脈をもつ双方の軸を融合させたジュエリー ...

Read More+ 1839日 ago

光学フィルムシステム+

住空間にアートを組み込む発想 坪庭の草木を通した木漏れ日や心地よい風を感じる住空間に 光学フィルムを設置するだけで、心で感じ、精神的に安定する自然が生まれます。 透明フィルムを2カ所に貼ることで手前の ...

Read More+ 1839日 ago