都心の快適性や自然の恩恵、地域の豊かさを表現するガーデンユニットを
アーバンスタイル研究所屋上に試作し、
多くの方々からご意見をいただき研究開発を進めています。
屋上緑化の顔となるガーデンフェイスや地域の再開発のシンボルとして
環境学習のステージとして、ゲートを起点に生活提案が生まれます。
行政、企業とコラボし、新しい顔を近日中に発表できます。


●開発メンバー
プロジェクトリーダー 上田嗣夫
コンセプトデザイン 矢野TEA
デザイナー 矢野TEA
ガーデンデザイナー 中野万里