ワークショップや初心者向けの小鉢からスタートし、バリエーションとデザイン、機能を研究、近日中には発表できるよう進めています。