京都の街角でよく見かける赤い毛氈を敷いた床几のデザインを、海外へプレゼンテーションしました。
メンバーのKOMA 松岡さんのラブチェアのルーツとなる作品は、第一便となる商品群の目玉商品となりそうです。