日の出から日の入りまで、時間の経過によって光と影が移ろう庭。



光と風をデザインするクールジャパニーズガーデン
都市のビルの谷間や狭地やベランダ、屋上緑化など植物の育成が厳しい環境下で
快適な都市型ガーデンライフを提案します。
日本人の持つ自然観と美意識を大切に
ガーデンをショップや住空間として使える自然環境が体験できる
アーバンスタイルを設計・施工します。

世界らん展日本大賞2007 ディスプレイ審査部門
日本東洋蘭協会ブース

世界らん展関係者から「新しい時代の流れ」と高い評価を得た。
モダンディスプレイ賞1位、光のオーキッド賞1位

使えるGARDEN
京都の坪庭をお手本に、風をつくる装置として作庭しました。日陰の冷たい坪庭から暖かい外部へと部屋を通して空気が移動、風が生まれます。こういった先人の知恵を生かし、ガーデンをショップや住空間として使えるデザインを提案します。

育てるGARDEN
野菜や草花が共存できるガーデンライフが楽しめるユニットや高齢者も楽しめるフラワーベッドの開発など近未来の住環境を提案します。ホタルやトンボなども育てられるガーデンユニットなどガーデンで自然環境が体験できるアーバンスタイルを目指します。

学べるGARDEN
ガーデンには子どもから大人までが自然環境を学ぶ教材がたくさんあります。五感を使って感性を高めるFOREST FARMのプログラムでガーデンから始める環境学習を英国王立園芸協会に提案しています。衣、食、住、遊、環のクリエイターとコラボし、新しいガーデンコンテンツを発表していきます。

●開発メンバー
コンセプトデザイン 矢野TEA