住空間にアートを組み込む発想
坪庭の草木を通した木漏れ日や心地よい風を感じる住空間に
光学フィルムを設置するだけで、心で感じ、精神的に安定する自然が生まれます。
透明フィルムを2カ所に貼ることで手前の庭は見えますが奥にある部屋は黒く見え
お互いのプライバシーが守れる開放感はさながらアート空間です。





■パーティション
レストランやショップで、小さな場を作っていきます。

■水槽
魚が水面の上を飛んだり、壁をすり抜けたり、不思議な演出です。

■オブジェ『風彩』
風鈴は風で音が生まれるが、風で色が生まれる空間演出ができます。

●開発メンバー
プロジェクトリーダー 畑川康生
コンセプトデザイン ハヤマカオリ
設計 ハヤマカオリ
プランナー 矢野TEA